ボーイスカウトって? What's Boyscout ?

スカウト運動 [Scout Movement] は、青少年の健全育成を目的にした、 スカウト教育の基本原則に基づいて展開される、世界的な教育運動です。

参照Link: ボーイスカウト日本連盟 ボーイスカウト日本連盟www.scout.or.jp/

岩手のボーイスカウト

 ボーイスカウトは、1907年(明治40年)に英国において、 20人の少年を対象に行われた実験的キャンプと、それを基に1908年に出版された『スカウティング・フォア・ボーイズ』という少年向けの本に始りました。

 この運動の教育的意義は間もなく日本にも伝わり、1911年(明治44年)には、当時、学習院院長であった乃木希典将軍が、学習院生徒のために藤沢の片瀬海岸でボーイスカウト式キャンプを行なっています

 そして、1916年(大正5年)には、現在のボーイスカウト日本連盟の前身となる『少年団日本連盟』が発足し、その初代総裁として、当時東京市長であった岩手出身の後藤新平男爵が就任しました。

後藤新平総長が当時の少年団に向けた言葉
自治三訣 (じちのさんけつ)

人のお世話にならぬよう

人のお世話をするよう

そして報いを求めぬよう

自治三訣
岩手県水沢市≪後藤新平記念館≫にリンクします
後藤新平の声 を聞くこともできます

スカウト運動の目的

 スカウト活動 [Scouting] は、青少年を健全に育成するための方法論として、キャンプなどの野外活動を普及してきたに止まらず、子ども会やスポーツ少年団などの青少年団体のグループ活動に参加させるという、現在では広く勧められているグループワーク (小集団活動) と呼ばれる方法の源流の一つとなるパトロール・システムによって教育・訓育を行なってきました。

 パトロールは「班」であり、その中の一人がリーダーとなるという、小さな集団の中で子どもたちが自由に発言し学習するという方法は、現在の学校教育の中でも普通に行われているところでもあります。

スカウト運動の目的

 スカウト運動の目的は ―― 青少年が個人として、責任ある市民として、地球、国、国際社会の一員として、身体的、知的、社会的、精神的な潜在的能力を十分に発達できるよう彼らの発達に貢献すること ―― と世界スカウト憲章‐第1

◇ スカウト運動は教育運動で、その目的(ねらいとしているところ)は:―― 青少年の発達を援助し、より良い世界を作り出すことに貢献すること

◇ 貢献:―― 彼らの潜在的能力を十分に発達させることができるように支援すること。

◇ どのような支援をするのか:―― 青少年の自発的活動を促し、その発達に必要な条件を促進し、提供する。

◇ どのように促すか:―― スカウト教育法を活用し、様々な発達段階で徐々に発展する特徴やニーズや興味を考慮しながら、それぞれの年代に応じた方法で、青少年が自然に発達するように促す。

◇ その基本となるものは:―― 人としての人格 (品性) であり、その養成は、「ちかいとおきて」 の実践によって培われる。160_Gakumon

スカウティングは学問ではない

 スカウト活動 Scouting は、子どもたち一人ひとりにとって (for boys) は遊びであり、冒険であり、時にはレジャー的な要素が含まれたりもします。

 その遊びや冒険の中から青少年は、知らず知らずの内にスカウト運動の意図するものを身につけることが期待されています。

 そして、青少年の精神的成長には、ボーイスカウト教育の運営単位である団と家庭とが密に連携され、家庭からも、陰になり表になり支援されていることが大切です。

★ 日日の善行 (ひびのぜんこう) ★★★

 ビーバーからローバー(スカウト) および 指導者(スカウター)まで、スカウト運動に関係する
総ての人のスローガンです。

よく、一日一善と言われますが、それは一日一つすればそれでよいような感もありますので、
ボーイスカウトでは「日日の善行」としています。>

ボーイスカウトは、ネッカチーフの先端を結んでおき、何か善行をした後に、
そのネッカチーフの結び目を解きます。
これも、日日の善行 の奨励のためです。